bnr_new bnr_ippin

2010年02月07日

柿渋帆布バッグの魅力

『creareきき』柿渋染め帆布バッグは、
綿帆布生地に柿渋染めした生地を、数週間寝かし定着熟成させた後、特殊な洗い加工を施された、『creareきき』オリジナルの素材です。
一般的に帆布生地は、科学染料で染めた後、パラフィン加工を施した《丈夫で硬く重たい》と言われている。
『creareきき』柿渋帆布は、白生地帆布から独自で企画開発し柿渋染めに至るまで拘った素材は、軽くて柔らかく、素朴で
時と共に使い込む程に味わい深く愛着の沸くバッグへと変わって行きます。
よく、「この生地柿渋で染めてもらえますか」と頼まれます。
確かに、柿渋で染めた生地は柿渋染めです。
でも、柿渋は生きてるように素材表現も感性も移り変わって行きます。
綿帆布バッグは、合成皮革など化学繊維と違って、だんだんと持っている内に汚れが目立つように成ってきます。
しかし、それが柿渋と相交わって味わいへと感じられるようになります。

その使い込んだ柿渋帆布バッグを、洗って見て下さい。するとまた新たなバッグへと楽しみが生まれるのです。

少し、大きめのバケツに20度程度のぬるま湯に薄めた洗濯洗剤を溶かし押し洗いし汚れを落とした後、
しっかり何度も濯いで下さい。(汚れと共に色落ちもしますが、生地の芯には柿渋色は残っています。)
ネットに入れて脱水機で1分程度軽く脱水し、バッグの形を確り整えて陰干しして下さい。

柿渋染め生地は使って洗ってを繰り返す程に素材感の魅力が解るはずです。

柿渋染めバッグのリフォーム
遠い昔は、現在の様に丈夫な素材が開発されていない時代には、魚を捕る網、酒を絞る布袋等、道具を永く大切に使用出来るように柿渋を繰り返し塗り保護する塗料として使用されて居ました。
その先人達の技法を現在に生かす為に柿渋染め帆布バッグのリフォームを匠職人の技と知恵を持って思考しています。

 



にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ



1日1クリックしていただけると嬉しいです。

myutki at 23:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
フォロー大歓迎です
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    ききギャラリー
    • でた〜
    • 「きき」元気!!
    • 「きき」元気!!
    • 「きき」それってどうなん?
    • 「きき」それってどうなん?
    • うわ〜なにこれ〜
    • うわ〜なにこれ〜
    • いい季節〜
    • いい季節〜
    • ちょっと臭い!!
    お友達リンク
    京都のドックサロン
    good prtners! POO

    〜愛犬フラットコーテッドレトリバー〜
    いつも、綺麗にトリミングして頂いているお店です。
    New Products
    • 商品の創造日記《しぶ可愛い》
    • 使用感が貴方のヒストリー!柿渋染め帆布バッグ
    • 『きき』柿渋染め帆布・カメラバッグ
    • 京都ぶらり旅・東山花灯路
    • 京都ぶらり旅 『きき』
    • この春デビュー
    • 柿渋帆布の永遠の探求
    • 昔の人『先人』が遺してくれた、いい物
    • 昔の人『先人』が遺してくれた、いい物
    • 柿渋帆布 トートバッグ
    お客様ギャラリー
    • すてきな来客^^
    • あらステキ!!
    • おんなじです。『きき』
    • 何にも出来ないけれど
    • 子供達のアイドル?
    • とっても楽しい日☆
    最新コメント
    ランキングバナー
    ブログパーツ
    • 無料SEO対策
    SEO